ほうれい線ができる原因は?

ほうれい線とは、小鼻の両端から唇の端に伸びる「八の字」のような2本の線のことです。

 

「しわ」と認識している人が多いようですが、実は「頬の境界線」で、しわではありません。

 

子供や10代〜20代の若い世代にもほうれい線はありますが、

 

目立たないので気になりませんよね。ただ、年齢とともにほうれい線が深くなると、

 

顔が一気に老けた印象になるため、多くの女性の悩みになるようです。

 

では、なぜ、ほうれい線は目立つようになってくるのでしょうか?

 

ほうれい線が深く刻まれ、目立つようになる主な原因は次の通りです。

 

 

皮膚のハリや弾力の低下

 

表情筋の衰えによるたるみ

 

紫外線・乾燥

 

生活習慣の乱れ(骨格のゆがみ)

 

むくみなどによる血行不良

 

精神的なストレス

 

 

ほうれい線を改善するには、その原因を取り除くことがポイントになります。

 

肌のハリや弾力をアップ、表情筋を鍛えるエクササイズ、乾燥を防ぐために保湿

 

紫外線カット、生活習慣の見直しをし、正しいケアでほうれい線を予防・改善していきましょう。

 

 

ほうれい線 クリームの選び方のポイントは?

ほうれい線を正しくケアするためには、クリーム選びが重要なポイントになります。

 

ほうれい線が目立つ原因は、ハリや弾力の低下・乾燥・たるみなどが原因なので、

 

クリームを選ぶ場合には、エイジングケアができる成分が配合されているかが重要です。

 

 

コラーゲン

 

肌のハリや弾力をサポートしているコラーゲンは、年齢とともに減少していきます。

 

保湿効果も高いコラーゲンは、ほうれい線の予防・改善には欠かせない成分です。

 

ヒアルロン線

 

肌の水分保持ハリを保つ、エイジング効果には欠かせないのがヒアルロン酸です。

 

ビタミンC誘導体

 

抗酸化作用が高く、紫外線の影響による活性酸素の除去や

 

コラーゲンを増やす働きがあります。

 

レチノール

 

ビタミンAの一種で、肌の粘膜を保護する働きがあります。

 

 

ほうれい線を予防・改善するクリームを選ぶ際のポイントは、

 

保湿効果の高い成分・肌のハリや弾力をサポートする成分が配合されているかを

 

しっかりチェックし、自分が継続しやすいものであることです。

 

 

ほうれい線に改善するクリームランキング!

女性にとってほうれい線は、ある美容調査でも目のたるみに次いで第2位と、断トツに多い悩みです。

 

ほうれい線は、シミのようにメイクでは隠せないため厄介ですよね。

 

ほうれい線が深く刻まれた顔は、一気に老けた印象になってしまい、

 

そのまま放っておくと、改善されることはなく、10才老けて見られてしまうことも・・・!

 

ほうれい線が目立つ原因を知り、日頃から正しいエイジングケアをすることが重要です。

 

ここでは、ほうれい線を改善するクリームをランキングでご紹介します。

 

 

第1位 アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)

 

第2位 QuSomeモイスチャーリッチクリーム(ビーグレン)

 

第3位 アスタリフト ジェリーアクアリスタ

 

第4位 ロート製薬 オバジ ダーマパワーX リフトクリーム

 

第5位 イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター クリーム

 

 

ほうれい線を改善するためには、肌のハリや弾力を保ち、しっかり保湿することがポイントです。

 

併せて、表情筋を鍛えるエクササイズ乱れた生活習慣の見直しをすると相乗効果も上がります。

 

 

アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)でほうれい線を改善!

アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)について、ご紹介します。

 

アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)は、敏感肌・乾燥肌の女性のための

 

ポーラ・オルビスグループの専門ブランドの極上クリームです。

 

アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)の特徴は、

 

特許技術「ヴァイタサイクルヴェールR」が外部の刺激から肌を保護すると同時に

 

潤いと美肌成分を閉じ込め、肌本来のバリア機能を高めて、

 

ハリと弾力のある、ほうれい線の気にならない肌へと導いていきます。

 

アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)保湿成分は、

 

通常のセラミドの20分の1、ヒト型セラミドで囲んでカプセル化しています。

 

角質のすみずみまで浸透することで、保湿効果が高まり、ほうれい線を予防・改善していきます。

 

また、コラーゲンやヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を増やし、自らの産生を促進します。

 

さらに、4種のオイルが肌に溶け込むように浸透し、ハリや弾力をアップさせます。

 

 

>>アヤナス 最安値はコチラ<<

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(ビーグレン)でほうれい線を改善!

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(ビーグレン)について、ご紹介します。

 

QuSomeモイスチャーリッチクリームは「生まれ変わりのリズム」に着目した、

 

ビ―グレンエイジングを遅らせる5つの美容成分を一つにした濃密クリームです。

 

 

ポリアミン・・・肌の弾力をアップさせる

 

アップレビティ・・・肌のハリを高める

 

ラミリン・・・健康的な肌をサポートする

 

アクアエクストリーム・・・バリア機能を高める

 

ハイビスカス花発酵液・・・肌本来のチカラを取り戻す

 

 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(ビーグレン)は、最適なバランスである独自の複合成分

 

「QuSomeRエイジリカバーコンプレックス」を、角質の奥までしっかり浸透させていきます。

 

高い保湿力で、ほうれい線の大敵である乾燥を防ぎ、、ターンオーバーのリズムを整え、

 

ハリと弾力をアップさせていくので、ほうれい線の予防・改善に効果が期待できます。

 

濃密クリームなのにベタツキがなく、肌なじみが良いのも特徴です。

 

 

>>ビ―グレン 最安値はコチラ<<

アスタリフト ジェリーアクアリスタでほうれい線を改善!

アスタリフト ジェリーアクアリスタについて、ご紹介します。

 

アスタリフト ジェリーアクアリスタは、松田聖子さんのCMでもお馴染みの

 

富士フイルムから販売されている、ジェリー状‘先行‘美容液です。

 

化粧水でもクリームでもない、洗顔後のお手入れの一番初めの素肌になじませる

 

アスタリフト ジェリーアクアリスタの特徴は「Wヒト型ナノセラミド」です。

 

年齢とともに減少していく、うるおいをかかえる「ヒト型ナノセラミド」

 

うるおいをととどめる「ヒト型ナノアシルセラミド」W配合で、潤いを閉じ込め、

 

ほうれい線の大敵である乾燥から肌を守り、キメを整えていきます。

 

また、赤い美肌成分「アスタキサンチン」が肌本来のチカラを高め、

 

ハリと弾力をアップほうれい線が目立たない肌へと導きます。

 

さらに、水溶性コラーゲン・浸透性コラーゲン・ピココラーゲンの3種のコラーゲンが、

 

アスタキサンチンとともに肌に潤いとハリ・弾力を与えてくれます。

 

>>アスタリフト 最安値はコチラ<<

ロート製薬 オバジ ダーマパワーX リフトクリーム

ロート製薬 オバジ ダーマパワーX リフトクリームについて、ご紹介します。

 

ロート製薬 オバジ ダーマパワーX リフトクリームは、オバジ初の

 

「タイムサイエンスシステム」を採用、従来の2倍のエラスポロ、さらには、

 

角層深くまで届く独自の高浸透技術「ディープターゲットデリバリー」を採用した、

 

弾き返すハリ肌へ導く、エイジングスペシャルケアシリーズの高機能クリームです。

 

ロート製薬 オバジ ダーマパワーX リフトクリームの特徴は、

 

ハリと弾力に必要な「コラーゲン」「エラスチン」に着目し、形状を記憶させるように

 

肌へなじませ、濃厚なクリームが肌に蓋をして、角質層に潤いを閉じ込めます

 

ほうれい線の大敵は、乾燥です。ロート製薬 オバジ ダーマパワーX リフトクリームは、

 

加水分解ダイズタンパク・アスパラゴプシスアルマタエキス・テトラペプチド-5・

 

褐藻エキス4つの保湿成分が乾燥を防ぎ、若々しいハリと弾力をキープします。

 

 

イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター クリームでほうれい線を改善!

イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター クリームについて、ご紹介します。

 

イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター クリームは、雑誌の広告などで

 

目にされたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

50mlで15,000円(税抜)と決して安くはありませんが、ふっくらと

 

ハリのある肌へ導き、気になるほうれい線にも効果が高いと評判です。

 

イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター クリームの特徴は、

 

年齢とともに減少していくグリカンに着目し、独自の複合成分

 

「グリカンアクティブU」「オシロイバナエキス」が新たに配合されたところです。

 

保湿効果が高いので、ほうれい線が目立つ原因である乾燥を防ぎ

 

低下した肌のハリや弾力をアップして、若々しさをキープします。

 

ほうれい線が目立つようになるのは、乾燥・ハリや弾力の低下によるたるみです。

 

イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター クリームは、ベタツキ感もなく、

 

肌の表面に蓋をし、有効成分がすみずみにまで届けられます

 

 

私が一番おすすめなのは1位のアヤナス クリーム コンセントレート!

ほうれい線に効果があるとされるクリームはさまざまですが、

 

私が一番おすすめなのは1位のアヤナス クリーム コンセントレートです。

 

アヤナス クリーム コンセントレートは、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド

 

「ディセンシア」のオリジナル成分「ストレスバリアコンプレックスR」が、エイジングを加速させる

 

ストレスによる肌荒れや、バリア機能の低下を防ぎほうれい線の予防・改善に効果が期待できます。

 

 

パルマリン

 

保湿力・抗酸化力に優れ、健康的な角質を生みだす

 

「タイトジャンクション(TJ)」を活性化します。

 

ジンセンX

 

高麗人参の効果の高い部分だけを抽出したオリジナル成分です。

 

血行を促進し、皮膚の温度を上げ、バリア機能を高めていきます

 

ビルベリー葉エキス

 

コラーゲンやヒアルロン酸をつくり出す線維芽細胞を増加させます。

 

 

アヤナス クリーム コンセントレートは、ほうれい線の原因である乾燥を高い保湿力で防止、

 

さらには、年齢とともに減少するコラーゲン産生量を170%までアップし、肌のハリや

 

弾力を取り戻す、エイジング効果の高い「ハリアップクリーム」です。

 

 

>>アヤナス 最安値はコチラ<<

効果的なクリームのつけ方とは?

ほうれい線に効果が高いクリームを選んだからといっても、安心はできません。

 

そのつけ方が正しくなければ、逆に肌にダメージを与えてしまっている可能性もあるんですよ。

 

では、ほうれい線を目立たなく改善するには、どのように使えば良いのでしょうか?

 

ほうれい線は「しわ」ではなく「頬の境界線」ですが、年齢とともに目立ってしまうのは、

 

ハリや弾力がなくなったことで起こる「たるみ」によるものです。

 

ほうれい線を改善するためにクリームをつける際には、たるみを

 

引き上げるイメージで、必ず下から上へ引き上げていくことが基本です。

 

力を入れすぎず、クリームを塗り込むようにしてつけましょう。

 

ほうれい線「線」の部分を片方の手で広げ、肌の奥まで

 

浸透させるように、塗り込むこともポイントです。

 

さらに効果を高めるためには、顔のコリをほぐすように、マッサージをしながら

 

クリームをつけていきましょう。頬のコリはほうれい線をつくりやすくしてしまうため、

 

頬骨を押して「痛い」と感じたときには、コリがある証拠なので、しっかりほぐすことが大切です。

 

 

ほうれい線を予防するためには?

ほうれい線を予防するためには、いったい何に気を付ければ良いのでしょうか?

 

ほうれい線ができる主な原因は、ハリや弾力の低下・乾燥・表情筋の衰え・

 

生活習慣の乱れなどが挙げられます。

 

ほうれい線を予防するには、これらの要因を取り除くことが一番です。

 

 

乾燥対策

 

保湿成分が配合されたクリームなどでしっかり保湿しましょう。

 

乾燥肌の方は特に注意が必要です。部屋が乾燥する場合には、

 

加湿器なども利用しましょう。

 

紫外線対策

 

1年を通してUVカットを怠らないようにしましょう。

 

口周りのエクササイズ

 

「あいうえお体操」「舌回しエクササイズ」などを取り入れましょう。

 

毎日笑うことも、表情筋が自然に鍛えられ、ストレス解消にもなります。

 

頭皮のマッサージ

 

頭皮を柔らかくほぐすことで、血行が良くなり、表情筋にも良いとされています。

 

生活習慣の改善

 

栄養バランスの摂れた食事、質の良い十分な睡眠、ストレスを溜めないなど、

 

規則正しい生活習慣は、美容にも効果がアップします。